ごあいさつ

すべては 「世のため 人のため 世界平和 地球和平のため」の一切である

私はめまぐるしく変化する現代という時代に生きる皆さんのために、従来の教えと共に、新しい感覚による、現代に合った教えと信仰の形の具現を目指しています。

宗教、信仰を若い方々も含めて、もっと身近な存在として考えていただきたいし、もっと人生に積極的かつ有効的に活かして欲しい、と願うからです。

宗教、信仰は、皆さんが辛かったり、くじけそうになった時に口ずさむ歌のような存在でなくてはならない。

身近にある人生の応援歌であったり、激励歌であったりする存在なのです。

疲れ、悩んでいる皆さんを優しく包み込み、励まし、共に泣き、笑うような存在であるべきだと思います。

そして、従来からの教えを大切に継承しながらも、常に時代の流れに敏感であって、移り変わる人々の感覚や価値観に合わせ、時代に合った教えを分かりやすい新しい形で伝えていかなければならない。

宗教、信仰離れが囁かれている昨今に、何か皆さんに伝わりやすく、教えに親しめる新たな方法はないか、と私は常々、考えています。

本当に人生というものはなかなか思うようにいかないものです。悩みやストレスのない人なんて世界中どこを探しても誰もいないでしょう。

そんな時、いつも私たちのそばに寄り添って、苦しい時は励ましてくれ、悲しい時は肩を抱いてくれ、寂しい時は慰めてくれ、いささか調子に乗っている時は諫めてくれ、迷っている時は進むべき道を教えてくれる、それが信仰の本来あるべき姿なのです。

ですから信仰とは、決して古めかしい風習であったり、おどろおどろしいものではなく、無償の愛を優しく注いでくれる親や、心から信頼できる友人の存在のようなものと考えたらいいでしょう。

ままならない人生に暖かい明りを照らし、いつも「大丈夫だよ」と優しく声を掛けてくれ、どんな時もそっと心の片隅に寄り添ってくれるのが信仰の本来のあるべき姿だと私は思うのです。

時代は変わります。激しく動く時代と共に人の心の有り様も微妙に変化していきます。
私はインターネット社会に象徴されるような現代という時代にあった教えと信仰の形、人々へのアプローチの仕方も変わっていかなければならないと常々思っています。

宗教宗派の枠組みを超え、皆さんの心の依り処となれる宗教家を目指し、そしてこのホームページをご覧になられた方々との素晴らしき御縁が生まれますことを心から願っています。

Copyright(c) 2013 黄檗宗 西江山 安城寺 All Rights Reserved.